藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。

築20年位の家でも耐震補強が必要ですか?

No.002 育暮家りふぉーむ

住まいの課題

築20年位の家でも耐震補強が必要ですか?

解決法

◆必要な場合が多いかと思います。

建築基準法の耐震基準は大きな地震が起こるたびに改正されてきました。近年では、神戸・淡路大震災を受けての改正は大きな改正でした。

改正された大きなポイントは、耐力壁のバランス確保や接合部の金物補強の強化でした。
施工されたのが2000年ですが、現場に落とし込まれるにはタイムラグもあります。
法に合致されることとは別に、耐震上確認しなければならないことも周知されるようになってきました。
耐震補強のための計算プログラムも改良、整備されてきましたので、最新のプログラムでのチェックも大事です。
ただ、気を付けなければならないのが、現場が分からない人が紙面上だけで耐震補強計画を行い数字だけの耐震補強になってしまうことです。

柱の引き抜きに対応するオールダウン金物が加わった。.JPG

2000年の法改正では、このような接合部の補強金物が一気に増えました。
これは最近の新築の例ですが、柱が土台(基礎)から引き抜かれてしまうのを防ぐ金物です。柱の上下に計算して必要な個所に設置します。
ただ、リフォームでは基礎もできていますので様々な工夫で対応していきます。
またこのコーナーでご紹介していきたいと思います。

  • before
  • after
実際の施工事例はこちら
参考になりましたか?育暮家りふぉーむでは毎月「むぱすDAY」と名付けた住まいの相談会を開催しています。良かったら是非お出かけください。また、オンラインでの勉強会や情報発信を行っています。下のアイコンをクリックください。
  • むぱすDAYについてはこちらから
  • 育暮家オンラインサテライトへはこちらから
トップへ戻る