藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2019. 8. 2

清水区で古民家を解体して新築住宅に一室移築しました。工事完成間近です。

昭和初期の古民家、家族の暮らしを育んできた歴史が詰まっています。
ライフスタイルの変化に伴い、寒い・暗い・使いづらいの解消のため、再生リフォームの検討が
始まったのが3年前だといいます。
リフォームの検討の過程で建替え新築との比較も何度となくされました。
予算から見れば、でも2度とこのクオリティーの家は建てられない、そして愛着も深い。
答え探しと施工業者の選択が同時に進んでいったと聞きました。
大手住宅メーカーさんとのやり取りもあったようです。
迷われる住まい手さんに最後に私たちが提案させていただいたのが、
「玄関脇の一間を新築の中に再現しましょう」でした。
とはいえ、そうは簡単にはことは運びません。どのように組み合わせるか、材はうまく外せるか、
どう架構を見せ、その空間をどのように使う場所にするか、既存の材のかけ方や寸法や収まりを確認し、
図面に落としていきました。
そして、もう数日で完成のところまできました。
今回は工事中の写真と完成間近の写真を紹介させていただきます。

wata1.jpg

wata2.jpg

これは大工さんの手でばらした解体の様子です。
もう一度再生させる材は丁寧に職人さんの手で外します。



wata5.jpg


wata4.jpg

見学会はお引き渡しの関係で時間が取れません。でも、すろーかる9月号への
掲載を快くお受けくださいました。
9月に発刊されるすろーかるでも育暮家はいほーむすと住まい手さんの悪戦苦闘を
楽しくご紹介できるかと思います。  ぜひご期待ください。


2019. 5. 31

静岡で古民家リノベーション Vol.3

変換 ~ ①.jpg

今回のリフォームは内外フルリフォームです。

屋根の軽量化、耐震、断熱、外壁、内部は新しいライフスタイルに

あわせて改装です。

完成して建物の性能はぐんと良くなります。

でも、今回のリフォームで大切なのはこの家の歴史と魅力を引き出すことです。

従前のお庭と調和した和室、南側に移ってきたリビング、

広縁には丸桁が長く伸びていてこれは見せたい。

すまい手さんご家族の心に残っている思い出を私たちがどれだけ理解できていたか。

其の評価がもうすぐ現れます。


変換 ~ ②.jpg

内外の解体から始まった工事は外装の仕事が左官仕上げを残すだけになりました。

工事で少し荒れたお庭は診療で息を吹き返したようです。


変換 ~ ③-1.jpg

変換 ~ ③-2.jpg

リビングには補強で入れた丸柱があります。

ちょっと邪魔かな?と思うかもしれませんが、これが健康をサポートする柱なのです。

これからのリフォームには「健康」というキーワードは必須です。

なぜ、柱が健康に役立つ?、、、これは次回にお話させて頂きたいと思います。

そして、すまい手さんも板張りに参加。

お庭を目の前にしたユーティリティは大井川の杉壁が張られていますが

其の壁張りに参戦されたのでした。 大工さんとわきアイアイ・・と

変換 ~ ④.jpg

工事現場の周辺は街中でやや密集地。

工事ではご迷惑をお掛けしましたが、とてもいい方ばかりで

私たちの工事を暖かく見守って頂きました。

ありがとうございます。

建替えかリフォームかとても迷われたあの日から数ヶ月。

今はリフォームしてよかったな、と思われているような気がしています。

変換 ~ ⑤.jpg


  現場にはいつも何かしらのお花が現場を明るくしていました。



2019. 5. 22

菊川で古民家リノベーション VOL.3 (静岡)

【菊川の古民家リフォーム】断熱施工から内部造作工事へ

職人さんたちを楽しませてくれたお庭の桜の木は、すっかり初夏の新緑に包まれています。


変換 ~ P4060017.jpg

変換 ~ IMG_9052.jpg

変換 ~ IMG_9055.jpg



屋根の瓦の葺き替え、矢切の換気口、足回りの補強、耐力壁や制震ダンパーの耐震工事、そして断熱施工と工事は進みました。


変換 ~ IMG_9051.jpg

変換 ~ IMG_9050.jpg

変換 ~ IMG_9053.jpg

変換 ~ IMG_9054.jpg

リフォームの場合は壁、床、天井をはがしたところで、予想しなかった状況が発生する場合もあります。

こちらでも、柱の下の柱石と柱の間に木のパッキンのような形で木が挟まっていたりして柱脚部の仕様を
その場で変更対応が必要でした。

その逆に、「これはいいよね」に出会うこともあります。例えば、形のいい古材梁とその組み合わせ方の
デザイン性の面白さ。それはDKとなる天井を楽しくさせそうです。

また、予算検討時にカットしたトップライトなど、現場に立ってみてやはり必要性を感じれば、今なら間に合うこともあります。

リフォームはその場で判断することが多いので、現場経験、建築や生活体験、意匠デザインなど豊富な
スタッフがそれぞれの力を発揮しながら、住まい手さんと一緒になって進めていくのが良いと思います。

ここからは造作仕事が中心になっていきます。少しずつ暑さも増していきます。

古民家ならではの涼しさを味わいながら、大工さんは腕を振るっていきます。


変換 ~ IMG_9049.jpg

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7
育暮家はいほーむす



1  2  3  4  5  6  7