藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2019. 7. 25

ピアノの防音対策を考えたい

「ご近所へのピアノの音が気になって、」そのようなご相談がありました。

リビング横の6畳間に置かれたグランドピアノ、ここで引くピアノの音がご近所のご迷惑になっていないかが気になって、なかなか思い切って弾けない。ちょっとフラストレーションもたまります。

こちらの住まいは築10年位で、窓はペアガラスになっていました。建築時に防音対策を十分に行う方は少ないけれど、近年の断熱サッシは防音効果も上がり一定の防音効果が期待できます。

リビングとの境は、開放感を求めて3枚引き戸の木製建具です。開き戸での防音は可能ですが引き戸の防音は困難。こんな現状を説明しながら対策を考えていきました。

2方向にある窓はペアガラスの内窓などで2重化、リビング境は開き戸への改造は解放感を優先したいとのことでそのまま残し、効果はかなり?ですが防音カーテンを取り付けることになりました。

「音は隙間から逃げるので隙間対策も大事ですね」3本引き戸の隙間、換気のための吸気口の隙間、エアコンの壁の穴、この辺りも何かしら対策することにし、工事が決定。

10日ほどの納期を頂いた後、内窓と防音カーテンの取り付けを行いました。

工事に先立ち、「音というのは実に厄介です。」数値的に半分に防音されても人の聴覚は更に敏感に音を拾おうとするので「あまり変わらない」となります。と説明します。

「ビフォアアフターは収音器で確認しましょう」

防音工事ではビフォアアフターの実測が大事です。効果の検証と是正対策の検証のためにです。

まずは、2重窓化した窓の防音効果の検証です。

家から3mぐらい離れたところで計ることにしました。

まずは窓を開けたままで。

(今日はなぜかすべての写真が90度回転してしまう現象に見舞われてしまいました;;
 見づらい画像ですみません、近日中に直します!)

oto1.jpg

oto2.jpg


約65デシベル、これはかなりうるさいとされるレベルです。

次に既存の窓状態

約55デシベル。約10デシベルほど下がったがまだうるさいレベル

次に 今回施工した内窓も閉めてみると

oto3.jpg

約45デシベルあたりに10デシベル下がり、普通とされるレベルになりました。

これなら、静かな事務所レベルとされる目安なのでいい感じです。

そして、遮音カーテンはどうか。カーテンを持った感じ、思ったより軽かったのでどうかなと思いましたが、結果は3デシベル程度の効果。ただ、カーテンの周りの隙間対策はしたものの完全とはいかないので,単純の生地の性能とはいえないとは思います。

変換 ~ 4 屋内開放屋内開放時の実測.jpg

扉開放時のリビング実測、80デシベル近くまで上がります。

変換 ~ 5 防音カーテン.jpg

防音カーテンをつったところ

変換 ~ 6 屋内防音カーテンのときの実測.jpg

防音カーテンの効果3デシベル

変換 ~ 7  屋内扉をつけて.jpg

引戸を閉めた状態

変換 ~ 8 扉閉めたときの実測.jpg

引戸を閉めて実測

実測し、まあまあの結果に「これで安心してピアノ弾いてください」
「ただ、リビングではまだまだ音が大きいなあ、と言う感じですね」
これは、暮らし方で工夫してもらうか、将来さらなる防音リフォームを行うかですと説明して、
無事工事完了となりました。

変換 ~ 最後のイメージ画像.jpg









2019. 6. 21

静岡 築40年の家のリフォーム現場より

セカンドステージからのリフォームとして

使われていない和室の通し間をLDKにして、

健康に気配りしながら自然に年を重ねていくための住まいと暮らしづくりです。

変換 ~ ⑥.jpg

 リフォーム前の和室

子供たちと、この先のこともたくさんシュミレーションし、議論も重ねられました。

人生が長くなっていくこれから、まだまだ社会参加したいし仕事も続けられる。

老後の備えは必要だけど、不安の数を数えることより、いきいき暮らすためには

暮らしはこうありたいを考えたら答えが見えてきたようです。

変換 ~ ⑦.jpg

 工事中

リフォームでは耐震と省エネ、バリアフリーの性能向上は当たり前。

資産価値が上がれば未来への投資として無駄がない。

住まいの性能ベースが安定したら、そこに私らしく暮らすための工夫をする。

思い切って「ものからの開放」を宣言してみる。

変換 ~ ⑧.jpg

セカンドステージからのリフォームは一人ひとりの価値観を大切にすることで

プランが生きてきます。

新築したマイホーム、親から引き継ぐ家、中古の購入、

これまで何かしっくりしなかった暮らしがリフォームで変わる。

私たちもご夫婦のこれからを見せて頂く楽しみがいっぱいです。

変換 ~ ⑨.jpg



2019. 3. 27

ライフステージやライフイベントに合わせて間仕切りををつけたりとったり

家を長く使っていくためには暮らしの変化に合わせた、
家の中のリフォームが必要になります。
例えば間仕切り、特に子供部屋の間仕切りはずっとそのままにしておくことで部屋が固定され
使用しづらくなりますね。

 今回は2階のフリースペースだった部分に大きくなってきた子供たちのための
間仕切りを入れたお住まいの間仕切りリフォームのご紹介です。

 こちらは育暮家で建てさせていただいた大井川杉をふんだんに使用されたお住まいです。
エアコンのこと、採光や通風はどうなるかな等使い勝手とともにリフォームでも
パッシブデザインから検討です。
工事は大工さんが3日間作業をして完成しました。
変換 ~ retyo-1.jpg

もともとオープンに作って将来自由に間仕切りすることを前提nプランされています。
通風や採光は吹き抜けや階段ホールをうまく活かさなくてはなりません。
子供たちが巣立ってしまえば、又間仕切りはご夫婦のセカンドステージのための
空間に変更されていきます。
なのでこのように細い桟で作っています。
変換 ~ retyo-2.jpg

間仕切りは一つの部屋を二つに区切ります。
そこでちょっと厄介なのがエアコンをどこに取り付けるかです。
小さな部屋が二つできるので2台付けるのはもったいない、そこで
二部屋をまたいで設置することに。
間仕切りの上を切り取って開口部をつくりその中央にエアコンを
付けることになりました。

変換 ~ retyo-3.jpg

変換 ~ retyo-4.jpg

間仕切り工事の打ち合わせ中にほかの悩みも出てきます。
階段の窓の開け閉めについてでした。
風通しのためにとても役立っている窓だったそうですが、開閉や惣時にはちょっと
不便されていました。今までは右横の部屋を利用して作業していたそうです。
今回の間仕切りリフォームで右側が壁になってしまい、
この際もう少し安全で簡単な足場が工夫できないかアイデア出しです。
BESTアイデアではありませんが板をずれないように渡すことになりました。
板はもちろん大井川杉です。住まい手さんは、新しく持ち込まれた杉材を見て
家の木も最初はこんなに白かったのかなーと経年変化で色の深まった柱や
梁を眺めていらっしゃいました。
木の家は時間が経つとほんと、住む人に馴染んできます。

変換 ~ retyo-5.jpg

このはしごは以前ロフト工事をやった時の大工さんのプレゼントです。
変換 ~ retyo-6.jpg

壁の仕上げはシナ合板です。シナ合板はとてもおとなしい柄の化粧合板です。
壁や、天井や建具の仕上げによく使います。
電気のスイッチもお互いの部屋の使いやすい場所に移動しました。

変換 ~ retyo-7.jpg

1階のロフトへつながる小さな扉はケンドン式で作られていました。
使用用途によって扉の開閉方法が考えられます。めったに開けないところは
こんなケンドン式なら大工さんの仕事で作れていいですよ。
杉板で作られているためかちょっと変形して開閉が難しくなっていました。
板を足したり、木の取っ手をつけたりで開閉もスムーズに。

家族のライフステージに合わせて間仕切りを増やしたり、取り除いたり。
部屋は固定する場所と自由にさせておく所を決めておくといいですよ。
家族は15年経つと大きく変化します。
だから家は変化に合わせて大小のリフォームでいきいきさせていきます。

今回は一つステージを更新したリフォームでした。

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7
育暮家はいほーむす









1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11