藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2021. 7. 17

築66年の家「母の健康を求め、冬暖かく暮らす」為のリフォーム工事が終わりました。【静岡市】

静岡市で進めていた90代のお母さんの生活導線を包んだエリアの断熱性能を向上させるリフォーム工事が完了しました。健康に大きな影響を与える、住まいの室内間の温度差を緩和させる為、DKを中心にお母さんの寝室からトイレやお風呂をエリア内として床、壁、天井、窓等の断熱化を進めました。

トイレは、もしもの時の備えとして介助や介護がしやすいように1坪に。
また、床のお掃除などを考慮して掃除流し兼用の手洗いも。


image6.jpeg

床は、大井川の森の桧の床板を。
あたたかなやさしい表情は、気持ちもあたたかくしてくれます。
冬の日には、足もとの「ヒヤっ」と冷たい感じもありませんので気持ちよくキッチンにむかえますね。

「断熱工事との相性もいいんですね」
と、住まい手さんからも声も。


image7.jpg

南アルプスから流れる、大井川流域の地元の山の木に囲まれながらの冬の暖かな暮らしが
「楽しみだよ~」と、お母さんから喜びの声もいただきました。

image3.jpeg

もう、梅雨明けですね!

ヒマワリが笑顔いっぱい、咲き始めました。

himawari.jpg