藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2021. 7. 6

梅雨の中で

先日の豪雨による静岡県内での大規模な被害を目の当たりにして

近年の気候危機をさらに強く感じました。

気候変動による影響が顕著になってきていると感じる中で、大きな災害が起こってしまいました。

熱海市内で発生した土石流現場では救出活動が続きます。

罹災された皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。

未だ行方不明となられている方々の一刻も早い救助を願います。

自然の猛威に対して、私たちは住まいにおいてできる減災をしっかり進めていきたいと思います。

2020年、私たちは様々な目標を未来に向けて描き始めました。

日本の住まいの課題が明確になる中で

目標達成へ向けて、SDGsの目標とも連動をさせています。

育暮家の2030年のゴールを設定し、

環境課題や社会課題の解決に家づくりを通して取り組み始めています。

詳細はこちらのページをご覧ください。

「未来の子供たちに残す家」

先日、その取り組みが全国47000社を超える中小企業家同友会会員の中から

「同友エコ奨励賞」として受賞させて頂き大きな励みとなりました。

まだまだ、目標実現には程遠いですが一つずつ実現に近づけていく努力が

地域の笑顔を増やすことに繋がればと考えています。

私たちがこれから力を注いでいく活動に

「SRYアクション」「SRY活動」 

があります。

住まいにおけるリスク予知をし、それに対処していく。

それがリスク予防やBCPになっていく。

出来ることから地域にあわせて一つずつ進めて行きます。

SRYアクションの推進

気が早いですが実りの秋を待っています。