藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2021. 6. 20

【SRYアクション】 を進めて行きます。


SRY活動ロゴ.png

私たちは今、様々なリスクと向き合いながら生きています。
住まいとそこに暮らす私たちが向き合うリスクは、
例えば、
・温暖化と気候変動リスク
・少子高齢化が進む中でのリスク
・高度テクノロジーへの期待とリスク
・多様な価値観が生むライフスタイル
・所得格差と住宅格差など顕在的また、潜在的リスク
あげればきりがありません。

ただ、この項目ではあまりにも、テーマが大きく感じます。

住まいでは、例えば

雨の日、買い物を終え荷物を抱え、傘を差し家の玄関へ向かう。

それが夜だったら、暗くひょっとしたらつまづくリスクがある。

では、「このリスクをどう除去するか」がSRYアクションです。

リスクを予知し、対処していくこと。

その結果、暮らしの質の向上につながっていく。
そんな活動を【SRY活動】住まいのリスク予知活動と育暮家は提案しています。

リフォーム・リノベーションのきっかけは、住まいの不便、不満、不快などが要因だと言われます。
そこに住まいと暮らしのリスク予知を加えていただきたいのです。

住まいのリフォームで、少しでもリスクを減らす提案と実践は、

高齢化対策、温暖化対策、減災にも活かされます。

その活動を「SRY活動」「SRYアクション」として、

皆様と一緒になり実践し、実践例を広めていくことができたらどんなに素晴らしいことか。

育暮家りふぉーむは住まいと健康を大きなテーマとしています。
まずは、50.60.70代からの「SRY活動」「SRYアクション」を進めていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。




IMG_0320[1].jpg