藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2021. 4. 30

今だからこその「わが家の省エネ手帳」

先日の米国大統領主催による「気候変動サミット」では、

EU諸国、中国や日本をはじめとする40ヶ国の世界のリーダーが脱炭素に向けて、

炭素排出量の削減目標を掲げました。

日本も目標値を大幅に上方修正し、

46%削減を目指していくことが明言されました。

また、「脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会」が開かれ、

国交省・経産省・環境省の垣根を越えたハイブリッド会議が行われるなど

住まいの省エネ化に向けた具体的な取り組みが急ピッチに進められています。

 

最近はユーチューブなどで会議がライブ中継が公開されますので

国がどのように考えているかも、タイムリーに知ることもできます。

 

私たち小さな工務店は地域にあって、地球規模の大きな課題にもしっかり向きあい、

家づくりを通して未来を描いていきたいと思います。

 

長寿命化時代も新たなステージを迎えています。

小さなエネルギーで健康にそして長く心地よく暮らせる住まいを

増やしていきたいと思います。

 

2050年のカーボンニュートラルの実現に向け、

2030年のパリ協定の達成が必須となりました。

 

2016年に自社開発したスマホ向けアプリ「わが家の省エネ手帳」

今だからこそみなさんに利用していただき

住いづくりに活かしていただけると感じています。

 

スマフォに入れたわが家の電気ガスなどの使用量が

果たして、世の中の平均とどのような位置関係にあるかの

確認、そして

どの程度消費エネルギー(光熱費)を減らすといいか、

それをどのように実現するかを

私たちと一緒に答えを出していきましょう。

「わが家の省エネ手帳」詳しくはこちらか

 

以前、テレビ静岡さんで省エネアプリの紹介を取材いただきました。

 

わが家の省エネ手帳の使い方はこちらからご覧ください。

 

育暮家のスマホアプリで手のひらからの省エネを一緒に始めませんか?

今日のむぱすガーデンも元気いっぱいです。

他人ごとではなく、自分ごととして初めの一歩を踏み出すにはいい季節です。