藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2021. 3. 15

省エネ家電への買い替え。

わが家で12年ほど使っていた冷蔵庫ですが、数年前から製氷機に水を入れると下から漏れてきて使えなくなっていて、買った当時この冷蔵庫の売りであったチルド室ももう何年も機能しないでいました。
ただ、冷蔵・冷凍機能は問題なく使えていたのでそのままにしていました。
しかし、コロナの影響もあり、自宅時間が増えその時間を快適に過ごしたいと考え始め、ついに買い替える決意をし、決算セールにも後押しされ購入を決めました。

前冷蔵庫.jpg

以前の冷蔵庫は525リットル。我が家は夫婦+娘3人なので、この容量で十分、というより大きすぎ!?
どんどん入ってしまうので余分なものが入りすぎていて、整理すればもっと容量の少ない物でもいけるのではと考えていました。

今回購入したものはこちら。
後冷蔵庫.jpg

容量は470リットル。今は、狭いスペースにも置けるように容量はそのままでスリムになったものが多く出ていました。
わが家の場合、以前より奥行き・幅ともに5センチほど小さくなり、すっきりと収めることができました。

そして今回、冷蔵庫を検討する際に活躍したのが、
環境省から推奨されている「省エネ製品買換ナビゲーション しんきゅうさん」です。
このサイトにアクセスすると、今使っている家電とこれから購入を検討している家電の年間CO2排出量や消費電力、電気料金の比較をすることができます。

CO2.png



電気代.png


結果.png

このように現在と購入予定の家電の情報を入力すると簡単に比較することができます。
もちろんわが家は容量を少なくしたので多少の差が出るとは思いますが、それでもここまで差が出るのには期待大です。10年以上も前の冷蔵庫でしたので、電気代も気になっていましたがこちらもこれから楽しみです。
これを機に冷蔵庫の中身もすっきりし、キッチンで過ごす時間もなんだか変わったように思います。


「しんきゅうさん」簡単なのでぜひ試してみてください。

しんきゅうさんしんきゅうさん.png

しんきゅうさんはこちらから