藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2021. 2. 12

スマートリフォーム

私の隣で事務員さんがスマートフォンに向かって何か話している。
どうやら現場への連絡事項らしい。

音声変換入力機能を使ってメッセージを送っている。

社長リフォームブログ.jpg

そういえば、スマホの外国語通訳もたくさんアプリが出ていて海外旅行では重宝されている方が多いのだと思う。

いよいよ住まいのスマート化が本格化しそうですね。
特に音声認識機能は先行しているし、TOTOさんの健康管理トイレも人気が出そう。

社長ブログtotoトイレ.png

様々な住まいと人の情報がネットでつながり、情報はどこまで流れていくのかと心配もある。

だからといって、避けては通れない。
ガラケイにこだわっていた人もいつの間にかスマートフォンに変えているし。

育暮家は人に近いところで住まいと関わろうと言っていますが、
これから始まる「スマートリフォーム」には敏感にならなければと思う。

多機能ロボットも一気に普及していくと思う。
話し相手や介助ロボットはすでに家の中に入ってきている。
身体サポート、介護、癒し、家のメンテナンス。
一人住まいの家が増えていく中では、ロボットへの期待も膨らむ。

木の自然の「温もり」リフォームでもっと活かしていきたい。
スマートリフォームが進めば進むほど自然回帰が進む・・・?
といくとは限らない。

だから、育暮家りふぉーむはより自然な暮らしを楽しんだり、利用したりを提案していきたいと思います。