藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2020. 8. 28

古民家の点検へ行ってきました。

古民家完成後の点検に伺いました。
約1年半経過しています。

床下の湿気も気になっていましたので、湿気の多い夏の点検です。

ブログ8.28①.JPG

床下は防湿コンクリートを打設してありますが、どうでしょうか。
まずは前土間だったところ、床下の余裕がないところが点検の課題です。
蓋を開けてみたらいい感じです。

やはりこの夏はカビの発生が多いらしいので、
お父さんは「畳の上の掃除がかかせない」と軽い掃除機を購入し、こまめに掃除をしているとのことです。
ほこりがかびるので掃除は床壁ともポイントですね。

ブログ8.28②.JPG


洗面所周りのトップライトが効果を発揮していました。
「明るくて助かる」とお父さん。
ブログ8.28③.JPG


「畑が忙しくて・・・」
西側の離れを解体した後を畑にされていてビックリしました。
ブログ8.28④.JPG


夏を旨として建てられてきた日本の古民家も、
場所によってはこの暑さに耐えられなくなっています。

断熱強化し、リフォームしたこちらの古民家は、
エアコンも効き、お父さんの熱中症対策はしっかりできていました。
「あまりエアコン使ったことないです」
とはお父さん。


育暮家はいほーむすの古民家リフォームは試行錯誤してきましたが、
どう改修すべきかが、性能・暮らし方両面で確立できてきました。