藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2020. 2. 19

りふぉーむの断熱計画は多様な発想と技術が必要。

あるプレハブのリフォームを行いました。

既存の壁の状況から内張り断熱にするか外張り断熱にするかの方向付からの検討でした。

様々な検討から内側から床、壁、天井の断熱施工を勧めました。

IMG_123.jpg

IMG1.jpg 

IMG_124.jpg

暮に完成し、この冬は今までと違った暖かな冬を過ごされています。

「すごく暖かです」奥様の言葉にやりがいがまた生まれてきます。

リフォームの断熱は課題が多いです。

日本の住宅は世界に類のない多様な住まいが存在するからです。

古民家、在来工法の家、コンクリートや鉄骨の家、プレハブの家(木質系、鉄骨系、コンクリート系)実に工法も素材も様々です。

この多様な建物に向かうには、ここでも確かな技術が必要です。

リフォームは技術の時代と言ってもいいのですね。