藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2019. 11. 8

「あったかリフォームで冬にそなえる工事」が終わりました。(静岡ー藤枝)

今朝7時ころ外に出ると、少し息が白く見えました。
あたたかいお茶を飲んだ後だったからかな。
でもしっかり冬に近づいていますね。

今日は藤枝でお盆明けに工事していた現場からお伝えしていきます。

ライフスタイルの変化に合わせて予備室だった和室を日常的に使う
寝室へと作り直しました。
プラン前にまずは温度測定をしてみました。
結果冬の寒い時期には、室内にもかかわらず2℃まで下がることが分かりました;;
寝室にするにあたり、室内から行けるトイレを新設し、
暖房の温度が逃げなくなるよう「あったかリフォーム」をしていくことに決定!

2019.11sugiyama1.png

こちらのお住まいは床・壁・天井とも断熱材が入っていました。
解体時グラスウールの断熱材は分別がしやすく、アッというまに撤去できました。
その後新しく断熱材を施工しました。
コンセントボックスのある所や、筋交いのある所もきつめに詰めて、
グラスウールに湿気が入ってしまわないように気密シートを張っていきます。
気密シートの施工は床・壁・天井がひとつなぎになるように気を付けます。

夏に天井の断熱材が入ると、それだけで現場が涼しくなりました。
夏場屋根から侵入してくる熱が部屋を暖めてしまうんですね。
天井の断熱は夏の暑さにも有効です。


2019.11sugiyama2.png

あったかリフォームのポイントは断熱と窓ではないでしょうか。
断熱材の施工は工事の規模が大きくなり、費用の負担も大きくなりがちです。
窓は取替でなければ比較的簡単に施工ができます。
今回は 〇内窓 と 〇カバー工法 の2種類を場所に応じて採用しました。
写真はカバー工法の作業中です。
元々の窓がオーニングだったので、内窓を付けることができず、
でも浴室と脱衣場の断熱化は優先してということでカバー工法を選択しました。

2019.11sugiyama3.png

寝室の引違窓は内窓で施工しました。
日当たりはいいのですが、温度が保てないのは大きなガラス面も影響していたかもしれません。
窓の開け閉めをよくされている住まい手さん。
内窓にカギを付けるかどうかは選択できるのですが、外の窓にあるからということで
内窓のカギはやめました。
住まい手さんのおおらかさとあまりごちゃつかせたくないという感性からの判断です。

2019.11sugiyama4.png

住まい手さんの希望で付けた浅めの小棚。
センスのいい住まい手さんの小物が飾られて寝室も居心地のいい室来になってきました。

2019.11sugiyama5.JPG

工事後住まい手さんが少し悩んでらっしゃたのがこのカバー工法をした窓。
枠が大きくて、明るさがぐっと減ってしまったとのこと;
コストがかかることもあり極力カバー工法の窓を減らしていたので、
今回見送ったほかの窓は、さらにカバー工法が進化したら考えようということになりました。

いよいよ冬が見えてきました。
数日寝てみた奥様の感想では少し違う感じがもうわかるとのことでした。
リフォームの出来をこの冬を通してジャッジしてもらえればと思います。

2019.11sugiyama6.JPG

台風後の片づけに行くと足元に四葉さんがおりました。