藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2019. 10. 29

パッシブキャノピーってなんだ?

 DSC_8561.JPG
今回は、大きな広縁がついた和室の通し間をリビングダイニングに替えるリフォームでのポイントです。

通し間はその開放感ゆえ、耐震的課題があります。先ずはそこを解決し、次に寒さ対策です。
広縁は内外との緩衝部分で、和室のしつらえとしては大事な要素です。
DSC_8557.JPG

DSC_8586.JPG

でも、リビングダイニングになれば、その部分も利用したくなります。

DSC_8713.JPG

広縁は太陽が当たるとっても暖かくていい場所で、

そこまでリビングが広がればダイレクトゲイン(太陽の日射)がいい感じにいかせます。

ただ、夏のことも雨の日のことも考えておきたいのです。

そこでパッシブキャノピーの登場です。

四季の太陽高度とうまく応答し、日差しをコントロールさせる装置です。

雨の日は特に夏はリビングの窓を開け放して、涼しさや雨の風情を楽しめます。
もちろん暑い日差しをさえぎるには、既存の深い軒を利用します。

工事を終えて提案力が一つ増しました。

PA040036.JPG

通し間のリフォームの可能性です。使わなくなった和室の思い切った割り切り方です。

付加価値の高いリフォームの提案。

これは私たちが常に考えているリフォームのポイントです。

★近く、リフォーム完成動画UPします。