藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2019. 6. 21

静岡 築40年の家のリフォーム現場より

セカンドステージからのリフォームとして

使われていない和室の通し間をLDKにして、

健康に気配りしながら自然に年を重ねていくための住まいと暮らしづくりです。

変換 ~ ⑥.jpg

 リフォーム前の和室

子供たちと、この先のこともたくさんシュミレーションし、議論も重ねられました。

人生が長くなっていくこれから、まだまだ社会参加したいし仕事も続けられる。

老後の備えは必要だけど、不安の数を数えることより、いきいき暮らすためには

暮らしはこうありたいを考えたら答えが見えてきたようです。

変換 ~ ⑦.jpg

 工事中

リフォームでは耐震と省エネ、バリアフリーの性能向上は当たり前。

資産価値が上がれば未来への投資として無駄がない。

住まいの性能ベースが安定したら、そこに私らしく暮らすための工夫をする。

思い切って「ものからの開放」を宣言してみる。

変換 ~ ⑧.jpg

セカンドステージからのリフォームは一人ひとりの価値観を大切にすることで

プランが生きてきます。

新築したマイホーム、親から引き継ぐ家、中古の購入、

これまで何かしっくりしなかった暮らしがリフォームで変わる。

私たちもご夫婦のこれからを見せて頂く楽しみがいっぱいです。

変換 ~ ⑨.jpg