育暮家 藤枝市 リフォーム 設計工事管理 一級建築士 一級施行管理技士 耐震補強相談士 うちエコ診断 気密試験 暮らし省エネマイスター ホームインスペクター ソーラー施行 民家再生技能士 応急危険度判定 CASBEE戸建評価員
2017. 8. 3

しろあり豆知識 vol.3 静岡シロアリおすすめの一冊

シロアリについてとてもよく書かれている本を見つけたのでそのご紹介です。
どうしてそんなにシロアリのことばかりブログでと思われるかもしれません。
それは家を長持ちさせるための重要な要素だと思っているからなのです。

 こちらの本の題名は「これで安心!シロアリ対策」
著者は神谷憲弘さんというシロアリの研究では第一人者です。
実践と共に研究データから真摯にシロアリと向き合っていることが伝わってきます。
プロにもアマチュアにもとても参考になる本だと思います。
セミナーにはスタッフも参加したことがあります。

変換 ~ P7214262.jpg

 こちらの本にはまず昆虫としてのシロアリの生体のことが詳しく書かれています。
それを踏まえて建物の構造、特に基礎の種類によって、こんな被害の出方があるのですということが
いろいろな現場の状況写真とともに紹介されています。家の構造と合わせてこんなに具体的に
シロアリの侵入経路を説明してくれる本は他にないと思います。
改めてシロアリに関する本ではNo1だと思います。
 家守りとしてスキルアップしたい私たちにとってはこんな家の構造と絡めたシロアリ侵入経路の話は
とても参考になります。

 中にはこんなシロアリの迷信を取り上げた内容もありました。
●シロアリは湿った木材しか食べない→乾いていても食べる
●湿気がなければ生きられない→必要な水分は地下などの水源から持ち込む
●断熱材などの栄養のないものは食べない→物質をあらかじめ判断しない
●ヒバ(一般に食害されにくいといわれている樹種)などは食べない→食べる
●炭やマイナスイオンを嫌う→まったく嫌わない
●高い床下ではシロアリが侵入しない→1mにもおよぶ蟻道もある

・・・・・いくつかは、えっそうなのと思うものがあったのではないでしょうか?

 シロアリは生態系の中では他の生物がほとんど利用できない食物繊維を分解、
また自分自身が他の生物の餌になることによって、枯れた植物などの栄養を自然界に返していく
大きな役割を持っていることが書かれています。シロアリが土にいることはとても普通で意味のあることだと。
それだけにシロアリを恐れるだけでなく、家の木材には手を付けないでいてもらえるように、
自然に無理のない形でシロアリと付き合っていきたいと思います。
 静岡の温暖化も進んでいます。生体の変化をシロアリに考えてもらいながら家守りしていきます。

変換 ~ P7224312.jpg

過去の記事はこちらから
しろあり豆知識 vol.3 静岡シロアリおすすめの一冊
しろあり豆知識 vol.2 しろありとの向き合い方
しろあり豆知識 vol.1 ありのみち「蟻道」を覚えましょう

育暮家ハイホームス 静岡県藤枝市青南町二丁目8-7 054-636-6611


1  2  3  4