藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。

つくり酒屋の歴史を繋ぎ、新しい暮らしがスタートします。

  • 歴史と思いが詰まる住まいだけれど、不動沈下や傾きがひどくなっている。
    耐震不安もあり、どのようにしたらいいのかわからない。
    この家を大切に住み継ぐにはどのようにしたらいいのでしょうか。

    構造 2×4工法
    工期 1年
    仕様 柱状改良後、べた基礎施工。屋根日本瓦、内外漆喰塗り壁。
    床カラマツフローリング

    家のつくりも素材もとても価値ある古民家です。
    ただ、地盤の悪いところに建てられているので、地盤補強を最優先としました。
    DK部分は離れを解体した後、地に新築し接続させたのですが、お互いが揺れが異なる構造なので、エキスパンションジョイント(それぞれの揺れで干渉しないようにする工夫)で対応させました。
    そして何よりもこの家をご家族が住み継ぐために何が必要なのかを考え、解決していくことが求められました。