藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2019. 6. 5

令和元年の育暮家ワークスパートナーの安全大会を行いました

5月23日に育暮家ワークスパートナーの安全大会を行いました。

日中は5月とは思えない暑さでしたので

現場の仕事でお疲れのところですが、夕方に仕事を終えて

職人さん皆さんが快く集まって下さいました。

DSCN4178

近況や、お客様からの声等を職人さん達にお伝えした後、

7つのグループに分かれてグループセッションをしました。

DSCN4196

DSCN4186

今回は、現場の誇り・こだわりについて話し合いです。

DSCN4199

DSCN4185

話し合い後のグループ発表では、「要望に一生懸命に創意工夫・手を加えて

良いものにする、会議等で職人さん同士顔見知りになり

気持ち良く仕事できる現場の空気をつくりスムーズに

仕事を進める事ができ、段取りがしっかりが当たり前に

できている」等々、限られた時間の中での話し合いでしたが、

それぞれの立場から出した意見をまとめて発表して下さいました。

職人さんの細かい心配りのおかげで、こだわりのある家づくりを

スムーズに進めていける事に改めて感謝します。

会議の最後にみんなで記念撮影です。

令和がいい時代にとみんなで万歳です。

1719

どうもありがとうございました!

DSCN4179

アジサイが咲く季節になって、今年も暑さに気をつけて安全に家づくりを進めていきます。



2019. 4. 22

井戸の汲み上げポンプ 部品交換で修理できました!(藤枝)

 藤枝は地酒もあり、酒蔵も小さな町にしては多くあります。

それはお水に恵まれているからなんですね。

そんな地下水のきれいなところに位置する育暮家も井戸打ちをして

井戸水を事務所内でも利用しています。

水質検査もクリアしておいしい水ですよ。

 駐車場には手動のポンプがついた井戸があります。

昨年使おうとしたところ汲み上げができなかったので

水道屋さんに修理をお願いしました。

変換 ~ ido1.jpg

この部品が摩耗していました。

右が新しいもので左が傷んでしまったものです。

変換 ~ ido2.jpg


木の部分に革が巻いてあります。

これが乾いて傷みが進み、隙間ができてしまったことで真空状態が作れなくなり
水を汲み上げられなかったようです。


変換 ~ ido3.jpg

この部品を取り換えて修理完了。

知っている人にとってはとっても

シンプルなしくみで、あっという間に直りました。

この部品さえ作り続けてもらえればいつまでも

使える道具なんですね。

こういうものを作っているメーカーさんが

ずっと続いてくれるといいなと思います。

とは言え、今回水を汲めなくなったのは使用頻度がきわめて少なかったことが原因でした。

かつて家庭では井戸水は大切な水源で、

毎日手押しポンプを使っていたわけですからこのようなことは起こりませんね。



変換 ~ ido4.jpg


 革が乾いた状態が続かないように

時々水を出して湿らせておくことも私たちが心がける大切なメンテナンスの一部です。

もし災害が起きたときに助けになるように・・

チェックも兼ねて水出ししてお花にもおいしい藤枝の地下水をあげましょう。


変換 ~ ido5.jpg


変換 ~ ido6.jpg


 むぱすのガーデナーさんが来週あたり咲きそう!と

植え替えたスズランが付けたつぼみを見て嬉しそうにしてらっしゃいました。

私には小さくてまだ咲くようには思えなかったのですが、

次の週にひとつつぼみが開いてるのを見つけました。

ガーデナーさんの言葉通りでした**色々な花が順々に咲いてむぱすのお庭が

一番の見ごろを迎え始めています。


 6月2日(日)にガーデン教室を開きます。(雨天中止)

詳細は後日HPにてお知らせいたします。

愉しいお話を聞きながら体を動かして土に触れる、

いつもと違う休日を過ごしに、ぜひご参加ください。

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7

育暮家ハイホームス



2019. 4. 5

すろーかる 古民家リフォーム のご紹介 

記事のPDFはこちらから

katumatakiji.png
sorp-karu


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11