藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2019. 3. 7

地球環境委員長賞を受賞しました。

私は今長崎に来ています。

静岡を飛び立ったときには曇っていた空がきれいな青空に変わっていった。長崎は太陽の日差しが眩しく暖かい。長崎の駅に降り立つと坂の町が姿を表しました。
これが、以前杉村が「健康と坂道の関係性が気になって歩いてきたよ」って言っていた坂の町か、と思いながら会場に急ぎました。

実は今日明日と第49回中小企業問題全国研究集会が開催され、その会場で「同友エコ地球環境委員長賞」の表彰をされるとのことで長崎にやってきたのです。

IMG_2539

「地球環境委員長賞」名前もさることながら私達のやってきたことが評価され、全国1800社のエントリーの中から選ばれとても光栄な賞をいただけたとスタッフみんなで喜んでいます。

私たちがForward to 1985 energy lifeのアドバイザー拠点として進めてきた「小さなエネルギーで豊かに暮らす住まい作り」を提案する過程で誕生した、スマートフォンアプリ。この省エネツールと提案がその取り組みとともに評価されました。

国の住宅省エネ基準の義務化が見送られたこともあり、改めてSDG's(持続可能な開発目標)やパリ協定などへの責任論も浮上しています。家庭で増え続ける消費エネルギーを減らすためには、住まいのつくり手とすまい手が協力して家や暮らしに工夫こらす必要があるのですが、なかなか思うようには進みません。

IMG_2549

IMG_2550

会場に到着すると、全国から研修会に参加するために集まった1300人の経営者の姿がありました。

IMG_2545

地方の工務店がこのような晴れ舞台で受賞されることに、私達でいいのかなと気弱になってしまいました。でも、このアプリできたのはたくさんの方の熱いご協力があっての賜物です。これまでもそしてこれからも力を貸していただける皆さまに感謝し、また私達の励みのためにもしっかり受け取りたいと思いました。

IMG_2541

先輩経営者の方々に見守られる中の表彰式は緊張、緊張です。

IMG_2544

IMG_2540

式が終わって多くの方とお話が出来ました。そして何よりもスマートフォンアプリ「わが家の省エネ手帳」のお話が出来きて良かったです。スマートフォンを手に「こんなふうに使えます」と手と手をつないでいきました。この小さな手の輪が大きな輪になっていけばいいなと思います。

手のひらに握ったスマートフォンから省エネを考え実践してみる。わが家の省エネ手帳。まさに「手のひらからの省エネ」なのです。「手のひらの省エネ」これを合言葉に今日、集まった手と手が新たなスタート台に立たせてくれました。

住まいのエネルギーについて語るとき、育暮家は里山の暮らしを思い浮かべます。 ほんの少し前までは、裏山の木で家を建て、雑木を切り出し火を起こし食事の支度や暖をとる生活でした。自分の家で使うエネルギーは自分で調達する。私たちの当たり前でした。あの時代には戻れませんが、エンルギーを自給したり節約する事は出来ます。目標を立てて出来ることから始めていく。その時、お役に立てていただきたいのがアプリ「手のひらの省エネ」です。

IMG_2609

温暖と言われる静岡の住まいは、寒い北海道より暖房エネルギーを使っていません。でも家の中は北海道の家よりずーと寒い。このミスマッチを解消しながら快適な暮らし作りに向かっていく。その先にはパリ協定をクリアする姿、こんな夢が膨らんだ長崎の2日間でした。

illust3

アプリの勉強会はこれから定期的に開催して行く予定です。興味があるからだけでなく、まずは手にしていただく。「手のひらからの省エネ」を是非一緒に進めていきましょう。

手のひら

私のいない間の2日間に事務所のお隣の河津桜は満開になったと聞かせれました。

こちらからも長崎の春を探して持ち帰ります。

寺坂



2019. 2. 15

温度測定がおおいそがし・・

「二月は逃げてしまう。」

気が付けば二月ももう折り返しました。
梅の花がもうすぐ迎える春の知らせを告げています。

IMG_3304[1].JPG

と、言いつつも昨日の朝は1.9℃と冷え込みました。
今週末、来週月曜日は最低気温が2℃ぐらいまで下がる予報が出ています。

他の地域から比べたら温暖で恵まれている私たち地域ですが、冷え込みますね。
育暮家では、リフォームのご相談を受けた時に住まいの温度の測定(夏冬)をさせて頂いています。

築年数は何年でも(30年、40年、50年、60年以上のご家族の歴史ある古民家においても)やらせて頂いています。
住まいの中で温度差による心疾患や脳疾患を巻き起こすヒートショックの被害がテレビや新聞、それにご近所でも耳にすることが増えました。

国の調査でも住まいの温度の環境による健康への関係性も研究が進み多くの知見が発表されるようにもなりました。

現状を把握し、健康にいきいきと暮らせる住まいづくりの計画の為、私たちは温度測定が不可欠だと感じています。

今年の2月の気象庁のデータです。

ブログへ1.jpg

青色が最低気温がマイナスになった日。(2/1~2/14の間で1日)
黄色が最低気温が2℃以下の日。(2/1~2/14の間で3日)
赤色は最高気温が15℃以上の日。(2/1~2/14の間で3日)

温度測定がおおいそがしなのには理由がありまして・・
今年の冬は暖かく強い冷え込みが見られる日のデータ取りが、予報によると来週の前半ぐらいまでしか見込めないからです。

去年と比べてみると

3333.jpg

青色が最低気温がマイナスになった日。(2/1~2/14の間で5日)
黄色が最低気温が2℃以下の日。(2/1~2/14の間で5日)
赤色は最高気温が15℃以上の日。(2/1~2/14の間では1日)

やはり今年は暖かいですね。

昨年は2月末まで冷え込みが続いたのですが、今年はベストタイミングでの温度測定が残りわずか。
その中で、できるだけ多くの実測ができたらと思っています。

温度計が出払ってしまった為、温度計を急いで10ヶ注文しました。
寒い冬もあっという間に逃げてしまいます。


IMG_7122.JPG














2019. 1. 1

あけましておめでとうございます。2019年も元気にスタートです。

あけましておめでとうございます。

2019年、平成も残りわずかとなりました。

新しい年号に移る日まであと、120日。

スタッフ一同、新たな気持ちで新年をスタートいたします。

明治から大正、昭和、平成、住文化は時代を反映しながら変化してきました。

そして次の10年は人口減、高度テクノロジー、新経済秩序、地球環境と新しい住まいと暮らしへの対応が求められていきます。

AIやIoTの技術革新は私たちが経験したことがない未来の家づくりへと導くかもしれません。

人工知能の動きに期待と不安、まだまだ予期できない事も多いのですが、住まいづくりへの影響は少なくありません。

だからこそ育暮家はいほーむすは、もっと身近なことに目をむけ、「本当に大切なものは何か」を求めて参ります。

家や家族、暮らしに文化、職人さんたちの技術や日本らしさをしっかりつないでいける工務店として変わらず

「つなぐ」を仕事の主眼に置き新しい時代をつないでいきます。