藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2018. 12. 28

藤枝で古民家リノベーション vol.2 トップライトで明るく

藤枝の古民家リノベーションの現場では、床組、断熱材の施工、
構造補強等工事が着々と進んでいます。

今回は、古民家の暗さを改善するトップライトの取り付けを紹介します。

自然な明かりが落ちてきます。
変換 ~ oku topraito1.png

大工さんの右斜め上、天井が白く抜けているところが
トップライト(天窓)です。

変換 ~ oku topraito2.png

直射日光の入らない方角につけます。
トップライトは下地を確認しながら開口部をつくったり、
手間のかかる部分ですが、住み始めるとその効果の大きさに気づきます。

こちらのお住まいではもう一か所取り付けました。

変換 ~ oku topraito3.png

こちらはまわりの仕事も終わっていますね。
立派な梁が良く見えるようになりました。

変換 ~ oku topraito4.jpg

トップライトは夏の雲を見上げたり、雨が流れるのを見たり
他の窓とは違う景色を見せてくれます。

こちらのお住まいは季節ごとにお庭が色づきます。
冬の赤い花は凛としていてまぶしいですね。

家は外とうまくつながると生活がふくらむような気がします。
トップライトも外とつながる工夫かなと思います。

育暮家の古民家への取り組みがテレビで紹介されました。
動画を見ることができます。ぜひご覧ください。