藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2018. 11. 26

大事にしている手持ちの素材をリフォームで活かそう(静岡ー島田)

こちらの島田の現場は構造や断熱の施工が終わり、木工事に入りました。
少しずつ生活の様子が見えてくるようになります。

変換 ~ 181126sakurai1.jpg

変換 ~ 181126sakurai2.jpg

 窓の横についているのはTVをのせるカウンターです。
このカウンターの素材は桧です。
実は、この木目と木肌のきれいな板は住まい手さん自身で用意してくれたものです。
木という素材をよく知っていらっしゃる住まい手さんです。
高さは現場で確認をして窓に合わせて取り付けましたが、
テレビ台等の位置は最近のテレビのサイズや見る方のライフスタイル、
そして受信方法からも検討が必要になりました。
工事中に一緒に考えてやってみたことは住み始めてからも時々家づくりを思い出させ、
次の工夫にもつながっていきます。

 住まい手さんが参加する家づくりは、それに応えてくれる職人さんの存在が大きいのですが
育暮家スタッフと住まい手さんの気持ちのつながりもまた大きいと思います。
 家づくりを考えている方の中には、
使ってみたい素材を大事に持っている方がいらっしゃいます。
旅行先で買って持ち帰ったタイルを使った方もいらっしゃいました。
もちろんやみくもに使ってしまって、ちぐはぐなデザインや雰囲気になってはいけないので
私たちも慎重になります。
まずは「これ使えますか?」と声をかけてください。
可能な限りご希望に沿って「私らしい」リフォームにしていきましょう。

変換 ~ くぬぎ どんぐり.jpg

 先日育暮家むぱすの植木(くぬぎ)を植え替え、場所が変わりました。
子供が喜びそうなかわった帽子のどんぐりがついています。
育暮家の廻りも秋が深まってきています。
そう言えばこちらの住まい手さんが工事現場に入って
「まだ工事途中だけど去年の今頃よりずっと暖かく感じます」と言っていました。
やっぱり断熱は大事です。

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7
育暮家ハイホームス