藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2018. 9. 19

現場で相談 (島田市)

 急に涼しくなりましたが、皆さん体調をくずされてはいませんか?

秋雨が続く日々で外工事は遅れ気味。

でも大工さんは働きやすくなってピッチが上がります。


 今日は建替えリフォームの現場から工事中のことをお伝えします。

 
 ここはリビング、カウンターを付けているところです。

kaunta-hiita.jpg

造り付けカウンターは

後でやりかえは難しい場所ですので、

設計で決定している棚の高さでも再確認をしながら

取り付けたいと思います。

写真は壁の下地を組んだところで、棚の位置を確認後固定していきます。

「ここにこれを置きたいから棚をつけたい」

「ここでこんなことをしたいからカウンターがほしい」


設計の段階で高さや奥行等が打ち合わせを通して決まり図面化されます。

でも、工事中部屋が間仕切られていき、実際の部屋の広さがわかってはじめて、

棚の使い勝手が理解できたといわれる住まい手さんも少なくありません。

設計段階での打ち合わせの密度が満足感の高いリフォームにつながり、

そこに納まってみて設計通りでよかったということになります。


育暮家は、設計時の打ち合わせをもとに


もう一度現場で検証をして、確認をして決めていくことを大切にしています。

現場での変更は少ない方が工期も予算も計画通りに進みます。

しかし、それを理由に変更を避けてしまうと後々後悔することにもなります。

kaunta-appu.jpg


育暮家リフォームでは出来上がるまでの変更には

できる限り対応させていただきます。


写真のカウンターはまだ固定されていません。


現場を大切にするリフォーム便り、続けていきます!

asimoto.jpg


むぱすを歩く楽しみ。


何気ない小路もお庭の表情をつくっています。

時には雑草に癒されることも。

育暮家のリフォームの考え方はこちらから


静岡県藤枝市青南町2丁目8-7

育暮家ハイホームス