藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2018. 8. 3

お風呂リフォーム(藤枝) 
vol.3

浴槽素材や内装について

ユニットバスの浴槽や内装に使われる素材には人工大理石といわれるアクリル樹脂素材や
ガラス繊維と樹脂の合成素材、ホーローやステンレスの金属素材などがあります。
メーカーごと得意な素材がありそれぞれ特徴があります。
メンテナンス性、保温性、デザインなどの情報を集めて検討してください。
ちなみに浴槽の保温性はホーローが優れていますが、これも浴槽を包む断熱材仕様との
一体で考えなければなりません。

変換 ~ ub1-1.jpg

内装で言えば、やはりお風呂はカビなどの発生しやすい環境にあるため
お掃除しやすいように考えましょう。
棚や鏡、必要性を考えて不要と思われるものは極力つけないようにしましょう。
また、高齢化に備えて手すりが必要な場合が出てきます。
手すりは必要とされる方の状況によって取り付け場所が変わります。
必要性が出てから必要な場所につけるのが理想です。
手すり周りのお掃除も意外と厄介なものですので、取り付けるタイミングもよく考えましょう。
ただ、手すりの後付けができないユニットバスもあるのでメーカーに確認しましょう。

ユニットバスにはハーフユニットというタイプもあり、壁や天井を木材や他の素材で
オリジナルに仕上げることもできます。

変換 ~ ub3-1.jpg

変換 ~ ub3-2.jpg


変換 ~ DSC_2274.jpg
むぱすの小路、込み合ってきた葉をお手入れしていただきました。
静岡県藤枝市青南町2丁目8-7


お風呂リフォーム vol.1
お風呂リフォーム vol.2ohuro