藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2018. 2. 6

大工さんも喜ぶ工事(焼津市)

リフォーム工事・・・始まりは大抵解体からです。
サッシが外されたり、壁が一部開放されたり、当然リフォーム現場は
外気とほとんど変わらない環境で工事が進んでいきます。

変換 ~ 変換 ~ yorokobu1.jpg 変換 ~ 変換 ~ yorokobu2.jpg
職人さんたちも特にこの時期は寒さがこたえます・・
育暮家のリフォームはまず家の性能向上から始まります。

変換 ~ 変換 ~ yorokobu3.jpg 変換 ~ 変換 ~ yorokobu4.jpg

断熱仕様のサッシがつき、

変換 ~ 変換 ~ yorokobu5.jpg

変換 ~ 変換 ~ yorokobu6.jpg

床・壁・天井と空間をすっぽり囲うように断熱材と気密シートが施工されます。
すると工程が進むごとに現場は暖かくなっていきます。
なぜ?・・それは断熱・気密効果が現れてくるからですね。
現場に入ってくる職人さんたちの言葉も
「この家暖かいね」と工事当初とは変化してきます。
特に大工さんは"実感度"が高いです。
現場は太陽の陽射しで温められ、その温度は保たれていきます。
スタート時と現場の環境はだいぶ変わりました。
変換 ~ yorokobu7.jpg

(写真の電気屋さんも嬉しそうに仕事しています)

 これから現場は造作工事→仕上げ工事と細かい手作業がメインになっていきます。
暖かくなった現場で職人さんの体も軽くなり、存分に腕を振るってくれています。

変換 ~ yorokobu8.jpg

工事は現場の横の桜が咲く前に終わります。

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7
育暮家ハイホームス