藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2017. 11. 28

家族の輪と和と笑を増やしていくリフォーム 
vol.4 (菊川市)

現場は造作工事に入っています。(*造作工事・・・大工さんの仕上げ工事)

建具(戸、扉)の枠や、鴨居、棚やカウンターなど、構造体ではない大工さんの

木工事部分です。

この頃になると大分、住まいや生活の場としてイメージがわいてきますね。

変換 ~ 016.jpg

変換 ~ 019.jpg

逆を言うと、プロの私たちが理解していても住まい手さんは

この頃にならないとわからないし、決めきれないことも多いのではないでしょうか。

契約の時点でお出しできるものは図面や立体的なスケッチ(パース)がメインです。

でもそれだけで立体的な部屋を理解するのは難しいし、

気づかないことが出てしまうのもよくわかります。

そこを上手にカバーしていくリフォームの過程がとっても大事だと思うのです。

例えば収納。工事が進んで

「あれ、これはどこに収納するんだっけ」と現場を見て気づくこともありますね。

ここで「今言われても」の答えはないですね。

育暮家では住宅リフォーム・紛争処理支援センターのひな型を参考に契約書を

作っています。

この契約書の良いなと思うところは「注文者は、必要によって工事の追加、変更を申し入れすることができる」という部分です。

変換 ~ DSCN3166.jpg


こちらの家でもお気に入りの掃除機ダイソン置場はどこに?

使いやすい場所に置きたいと思っていたけど・・・

気付いた時が満足度を上げるタイミングだと思って相談をかけてもらえれば、

遠慮はいりません。

リフォームの目的は不満・不便・不快の解消ですから。

この遠慮のなさが「私らしいリフォーム」にしていけると思います。

でも工事途中です。職人さんたちへの気配りも必要です。

一生懸命やっている中で予期せぬ変更で仕事が逆戻りする場合もあります。

お互いの気配りも素敵なリフォームにつながる道ですね。

変換 ~ 195.jpg

猫さんの食事場所です。これは途中の変更ではないですが・・。

こんな気づきはみんなが楽しいです。

これやってよかったな~がたくさん残るリフォーム、いいですね。

家族の輪と和と笑いを増やしていくリフォーム vol.4
家族の輪と和と笑いを増やしていくリフォーム vol.3
家族の輪と和と笑いを増やしていくリフォーム vol.2
家族の輪と和と笑いを増やしていくリフォーム vol.1

変換 ~ DSCN3160.jpg

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7

育暮家ハイホームス