藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2017. 9. 14

家族の輪と和と笑を増やしていくリフォーム vol.1 (静岡県-菊川市)

菊川市・・牧之原大茶園を抜けて、まだまだ茶畑が続きます。
お茶に囲まれ広い土地にゆったりした住宅、
という建て方のお住まいが多くみられます。

 今回リフォームをさせていただいている家もそんなお住まいです。
家族が増えるにあたり、平屋の家を一部増築し、
2世帯での暮らしやすさをレベルアップするリフォームです。
水廻りは少し老朽化も見られますがやはり寒さの改善が優先でした。
そこで断熱補強はエリアを決めて費用対効果に配慮しながらプランしました。
断熱の話はまた別の機会にして・・
 土地が広いと、敷地の使い方に工夫が必要になってきます。
日当たり、通風もリフォームに合わせパッシブな性能を考えながら進んでいきました。

変換 ~ 変換 ~ 015.jpg変換 ~ 変換 ~ P1302254.jpg

 こうして工事が始まり、ブログに書こうと思って写真を見たら、
現場を見に行った写真の日付が1月でした。
 現場を調査しプラン・予算の検討などの打ち合わせを半年かけて行いました。
検討期間には標準はありません。
「納得した計画に至る」が基本となります。
リフォームは規模が大きくなるほど、仕様や工期(時期)
そして家族の事情など検討項目もたくさん出てきます。
 工事費以外にかかる費用も見落とさず工事範囲についても
たくさん決断してもらわなければならないことが出てきます。
その際とても大事にしていることがあります。
それは、メリットもデメリットもきちんとお伝えする私たちの姿勢です。
デメリットも理解することで住まい手さんの判断にいい結果をもたらすと思っています。

変換 ~ 006.jpg

変換 ~ 008.jpg

 お住まいの現況調査に行っていたころに咲いていたお花です。
一年後新しい生活をしながらまたこのお花を見ているかもしれませんね。

次はリフォームの資金作りについてお伝えします。

パッシブデザインのページにnewページ「通風実験」がUPされました。


家族の輪と和と笑いを増やしていくリフォーム vol.4
家族の輪と和と笑いを増やしていくリフォーム vol.3
家族の輪と和と笑いを増やしていくリフォーム vol.2
家族の輪と和と笑いを増やしていくリフォーム vol.1




静岡県藤枝市青南町2丁目8-7
育暮家 ハイホームス