藤枝市 リフォーム 育暮家 家は新築から始まり、メンテナンスやリフォームを繰り返し、維持されていきます。生活スタイルも家のつくり多様化したい時代にこそ、「ライフサイクルリノベーション」の考え方が大事になります。家は住み継がれていくことで長寿命となり、その役目を果たします。
2017. 6. 29

プレハブ住宅のリフォーム vol.7

プレハブ住宅のリフォーム vol.7
〈リフォーム完成  静岡:藤枝〉 

 プレハブ住宅のリフォームが完成しました。


プレハブ住宅ってリフォームがしづらいのでは?


と思っている方も多いと思います。

 
 ですが、今回お伝えしてきたように寸法に特徴があったりもするものの、


できることはたくさんあります。

 
 今回は水回りの設備を新しくし、室内の床や壁をきれいにするリフォームでした。


設備配管のために壁・床をはがしたので断熱の施工も合わせてできました。


もちろん内部が見られるときに床下の状況はチェックし、


耐久性や強度にかかわるところは必要な手当てをしていきましたよ。


ただ、プレハブ住宅の性能向上には限界があることもわかりました。

変換 ~ 044.jpg

 
既存の窓を残しましたが、次は窓の断熱補強で内窓(2重サッシ)を取り付けたいですね。

変換 ~ 040.jpg

 
 外壁にはできるだけ手を加えないリフォームでしたので、内側から断熱施工をしました。


水回りは今までの寒さが1/3になると思います。

変換 ~ 078.jpg
変換 ~ 040.jpg

 
 工事の範囲はおおよそ14.5坪(畳でいうと29畳)です。


この範囲を全面的に工事しながら設備を入れ替えて、1か月と1週間ほどかかりました。


住みながらのリフォームは埃や騒音・防犯・一時設備が使えない等住まい手さんに


ご負担をおかけ致します。住みながらの工事の場合1か月を過ぎる辺りから少しづつ


「早く終わらないかなあ」の気持ちがわいてきます。


  リフォームの工事は規模も工期も発生する事柄も一軒一軒異なります。


どのような状況で工事が進み、生活できるかよく話し合って、納得いただきながらリフォームを進めたいと思 

います。

 
 床に大井川の無垢のひのきが張られました。


湿気が強くなる季節ですが、自然素材のおかげで足元がさらっと過ごせると思います。

変換 ~ 045.jpg変換 ~ 051.jpg                                     (床にもみじの埋め木をしました。)

 
 空梅雨でスタートした6月ですが、ここにきて梅雨らしいお天気の日々です。夏もすぐそこですね。


夏を過ごす工夫を学ぶ勉強会を7月15日に開きます。


夏と健康、住まいが果たせる役目も大きいところがあります。


健康に日々を楽しく過ごし、省エネにも気遣った暮らし方を一緒に勉強してみませんか?


お問合せお待ちしております。


 涼しく暮らす工夫を盛り込んだリフォームモデルハウスむぱす(築33年の住宅をリフォームしています)


は、いつでも見学できます。(注:お休みの日があります)

 
 板葺屋根、土壁の体験小屋もあります。田んぼの涼風も受けながら一休みください。

変換 ~ 139.jpg


過去の記事へはこちらから

*プレハブ住宅リフォーム vol.1 「ライフサイクルリノベーションに合わせたリフォームを」
*プレハブ住宅リフォーム vol.2 「断熱を強化する」
*プレハブ住宅リフォーム vol.3 「浴室を新しく」
*プレハブ住宅リフォーム vol.4 「モジュールとは」
*プレハブ住宅リフォーム vol.5 「スタッフの経験値」

*プレハブ住宅リフォーム vol.6 「リフォームにも地元の力を」
*プレハブ住宅リフォーム vol.7 「リフォーム完成


㈱育暮家ハイホームス   静岡県藤枝市青南町二丁目8-7  054-636-6611